開店祝いには胡蝶蘭を!選ばれる理由とは

栽培の歴史、選ばれる理由、贈るマナーについて

贈るマナー

開店祝いに胡蝶蘭を贈るマナーを紹介します。まず、胡蝶蘭が贈り先に到着するのは、開店当日の午前中に設定します。当日は忙しいことも考えられますので、前日に届けるのも良いでしょう。万が一、贈るタイミングが遅れてしまった場合は「祈御発展」として贈ることが出来ます。

次に、胡蝶蘭の色は、白がスタンダードです。胡蝶蘭には様々な色がありますが、白の胡蝶蘭はラッピングやアレンジが工夫しやすく、どのようなシーンでも利用が容易なのです。また、白以外では、可愛らしいイメージの紅白や、優しいイメージのピンクも人気です。

予算に関しては、贈り先との付き合いの度合いによって決めるのが一般的です。会社関連で贈る場合の目安として、通常は1万〜3万円、大企業は1万〜4万円です。個人から贈る場合は、知人は5千〜1万円、友人は1万〜3万円、身内は2万〜5万円です。ただし、厳格な取り決めがあるわけではないので、心配であればひとつ上のランクのものを選ぶと良いでしょう。

胡蝶蘭を贈る際は、贈り主が分かるように、お祝いの言葉と贈り主名を書いた、立て札をつけます。立て札の表書きの例として、お祝い全般は「祝」「御祝」。 開店・開業は「祝御開店」「祝御開業」。 開店後・開業後等は「祈御発展」となります。

LINK☆胡蝶蘭専門店 オーキッドスタイル | 移転祝い・開店祝いの贈り物☆
立て札の相談にも応じています。

選ばれる理由

何故、開店祝いの贈り物に胡蝶蘭が選ばれるのでしょう。まずは、胡蝶蘭の花言葉に注目したいところです。胡蝶蘭には「幸福が飛んでくる」という花言葉があります。開店後、お店が繁盛し多くのお客様や取引先に喜んで頂けるよう、商売繁盛の願いを込めた開店祝いに良いでしょう。更に、鉢植えは「根付く」という意味があるため、「幸福が根付く」という縁起の良いものとして選ばれています。

そして、胡蝶蘭は店内を華やかに演出してくれることも選ばれる理由です。胡蝶蘭は花の中でもグレードが高く、優雅な雰囲気があります。また存在感と華やかさに加え、凛とした品格を持ち合わせ、どんな職種やお店のシーンにもマッチします。また、花に匂いや花粉があると、飲食店等の開店祝いには、花の贈りものがNGの場合もあります。 しかし、胡蝶蘭は匂いや花粉がほぼなく、どんなお店の開店祝いとしても贈りやすいとされています。

さらに、胡蝶蘭は花持ちが良く、オールシーズン贈る事が出来るのも選ばれる理由です。花をもらってもすぐ枯れてしまうと、開店直後なのになんだか縁起が悪いようにも思えます。その点胡蝶蘭は枯れにくいのが特徴で、2~3カ月以上も美しく咲き続けます。

栽培の歴史

胡蝶蘭が日本に入って来たのは明治の末期と言われています。元々は、東南アジアを中心とした温かい地域に分布していました。日本に入ってきたころの胡蝶蘭は、形こそ今と変わりませんが、毒々しい模様や色をしていたと言われています。

今のような凛とした美しい花になったのは、さらに時間が進んで、生育環境が整備されてからです。このころから品種改良が推し進められ、私たちになじみ深い白や、ピンクが生まれて行きました。しかし、一般に胡蝶蘭が親しまれるようになるのはまだ先です。胡蝶蘭は元々高価な観賞用の花でした。なぜなら栽培と生育が非常に難しく、とても希少なものだったからです。ここから更に生育技術が発展し、温室栽培などが一般的行われるようになり、ようやく一般の人にも浸透していきました。そして現在では、上記のような生育技術の発展から、多くの農家が胡蝶蘭を栽培出来るようになりました。

胡蝶蘭は品種によって育て方が異なるという特徴があります。もちろん花の形や大きさによっても違い、花を咲かせるタイミングも異なります。お祝いや葬儀などは一年を通してどこかで行われているので、農家の方はどの時期でも出荷できるよう、開花時期をずらすなどの工夫を取り入れています。

祝いの定番「胡蝶蘭」

大切な方への記念すべき開店のお祝いには「胡蝶蘭」がおすすめです。「祝い」の気持ちを込めた定番の贈り物ありながら根強い人気の胡蝶蘭。心を添えたメッセージとともに胡蝶蘭を贈ってみてはいかがでしょうか。

胡蝶蘭は、おめでたい時に贈られる花の代表的な存在として知られています。昔から縁起が良いとされ、開店祝いの他、就任祝い、長寿、誕生日など、おめでたい節目には、必ずと言っていいほど贈られるお花です。胡蝶蘭は見た目のバランスも良いのが特徴で、一般家庭はもとより、オフィスなどに置いてもその場によく馴染みます。

また、お祝い以外でも贈られることがあります。凛として存在感がある胡蝶蘭は、葬儀の供花として贈ることも可能です。お祝いにもお悔みにも贈れるというのは胡蝶蘭ならではでしょう。

胡蝶蘭の花の大きさには、大輪、中大輪、ミディ、ミニがあります。見た目の華やかさなら大輪、バリエーションなら中大輪と、花の大きさによって最適なケースが変わってくるでしょう。また贈る際に、幾つも咲いた花の中にほんの少し「つぼみ」があるものをオーダーする事もおすすめです。つぼみがある胡蝶蘭には、「咲くまでの期間も楽しんでください」という心遣いの意味が込められます。なお、固いつぼみが開くのに時間がかかったり、夏シーズンは花が咲くまでの時間が早まったりと、時期によって見ごろは若干変わります。

当サイトでは、贈る前の心得として、胡蝶蘭の栽培の歴史、選ばれる理由、贈るマナーに触れていきます。