大切な方への記念すべき開店のお祝いには「胡蝶蘭」がおすすめです。「祝い」の気持ちを込めた定番の贈り物ありながら根強い人気の胡蝶蘭。心を添えたメッセージとともに胡蝶蘭を贈ってみてはいかがでしょうか。

胡蝶蘭は、おめでたい時に贈られる花の代表的な存在として知られています。昔から縁起が良いとされ、開店祝いの他、就任祝い、長寿、誕生日など、おめでたい節目には、必ずと言っていいほど贈られるお花です。胡蝶蘭は見た目のバランスも良いのが特徴で、一般家庭はもとより、オフィスなどに置いてもその場によく馴染みます。

また、お祝い以外でも贈られることがあります。凛として存在感がある胡蝶蘭は、葬儀の供花として贈ることも可能です。お祝いにもお悔みにも贈れるというのは胡蝶蘭ならではでしょう。

胡蝶蘭の花の大きさには、大輪、中大輪、ミディ、ミニがあります。見た目の華やかさなら大輪、バリエーションなら中大輪と、花の大きさによって最適なケースが変わってくるでしょう。また贈る際に、幾つも咲いた花の中にほんの少し「つぼみ」があるものをオーダーする事もおすすめです。つぼみがある胡蝶蘭には、「咲くまでの期間も楽しんでください」という心遣いの意味が込められます。なお、固いつぼみが開くのに時間がかかったり、夏シーズンは花が咲くまでの時間が早まったりと、時期によって見ごろは若干変わります。

当サイトでは、贈る前の心得として、胡蝶蘭の栽培の歴史、選ばれる理由、贈るマナーに触れていきます。